妊娠と出産

2人目の出産時間は短い?1人目より楽に産めるのか?私のリアル体験談

“2人目の出産は産道ができてるから一人目よりも産みやすい” 一度は聞いたことがあるこの言葉。

実際のところどうなんでしょう。できるならそうであってほしいところ。

だって、あの痛みは壮絶すぎます。

母強しとかいうけど、強いわけでも、痛みに絶えたわけでもありません。
とっくに痛みの限界越えてるんですーーーー!!!!涙

とりいそぎ結論。

私の場合は経産婦だからといって、

出産にかかる時間は早くもなく

陣痛の痛みだって一人目と同じくらい辛く

2人目だから出産しやすかったということは1ミリもありませんでした。

経産婦だからと、変に期待してしまった分、逆に辛かったかも・・・。

 

あ、一人目の出産と同じだったことといえばもうひとつ。

それは、生まれたての赤ちゃんを抱っこしたら、直前までの壮絶な痛みは忘れるということ。

私の2人目出産時の体験談と合わせてレポートします。

経産婦だからこそ。出産が近づくにつれ思い出す、あの痛み

2人目の出産

私の友達は、1人目を陣痛開始から6時間で産み、2人目は3時間で産みました。

時間でいうと半分に短縮!

友達は自分の経験から「痛みは同じだけど、2人目は出産楽だよ~。」と言っていました。

私の母もよく自分の出産を振り返りながら「2人目はほんとあっという間だったのよ~。」と言ってました。

ふーこ
ふーこ
そっか。私も二人目だし、スポーンと産めるかな♪

いつもの楽天的性格ゆえ、私は気楽に構えてました。

ちなみに1人目出産の時は、陣痛誘発剤を使って出産。

なんですかあれ?涙

どんどん痛みが増していって、極限状態。とんでもない痛みでした・・・。

経験してるからこそ、ジワジワ思い出すんですよね、あの痛み。
2人目は楽に産めるだろうと思っても、やっぱり出産が近づくてドキドキです。

これって陣痛!?

 

出産予定日の3週間前。
「チクチク」という下腹部の痛みを感じました。

ふーこ
ふーこ
うーん。そんなに痛くないけど、小刻みに痛い。これってもしや陣痛のはじまり!?

陣痛らしき痛みの間隔を図ると、5分おき・・・。

これはたぶん陣痛だ!と思い、とりあえず病院に電話。
すぐ病院にきてくださいと言われました。

ドキドキしながら母に連れられ病院へ。

到着すると、すぐに内診で子宮口の確認をしました。
その時の子宮口は1㎝でやわらかくなってきていると先生に言われました。

陣痛らしき痛みがあるので、そのまま分娩室へ行くことに。

ふーこ
ふーこ
あわわわ!もう産まれちゃう??心の準備できてない!!

もう内心ドキドキ!

痛みは、変わらずチクチクだけど、時々ジンジン強く痛む。

分娩台にひとり残され、陣痛らしき痛みの間隔が短くなるのをひたすら待ちました。
分娩室で病院食の夜ご飯を食べ、仕事を早めに切り上げた夫も分娩室へ駆けつけてくれた!

しかし、待てども待てども陣痛らしき痛みは、あくまで陣痛らしき痛みのまま。

分娩室で待機して3時間・・・結局「一度病室で休みましょう」となり、一晩病院に泊まりました。

夜は、スヤスヤ夢の中。笑

・・・そうです。

これは前駆陣痛ってやつです。

結局、翌日朝ごはんを食べて自宅へ帰宅しましたとさ。ちょっと拍子抜けです。

1人目のときは、前駆陣痛が全くなかったので、まさか前駆陣痛だとは考えが及ばなかった私。
帰宅後も、時々「チクチク」「ジンジン」とした子宮の痛みが出産まで続きました。

前駆陣痛の痛み。2人目にしてはじめての体験です。

今度こそ陣痛はじまった!ママがんばるよ!

そんなこんなで、前駆陣痛を感じながらものんびりとした正産期。

お腹は一段と大きく膨らみ、友達にもびくりされるほど。
我が家のこどもたちはお腹のなかで大きく育つ傾向があり、正産期後のエコー検査では、体重の想定が3800gと言われてました。

そして、ついに予定日当日。

その日の朝におしるしがあったので、なんだかソワソワ。

お昼頃からまたいつもの前駆陣痛が始まりました。
でも、なんだかいつもの前駆陣痛と違う・・。
痛みがゆっくりだけど強くなる感じ。

16時、痛みも強くなってきたので病院へ向かいました。

内診をしてもらうと、子宮口は3㎝。
痛みも徐々についてきているので、今度こそ出産になるだろうと分娩室へ通されました。

長引く陣痛、開かない子宮口。経産婦なのに・・。

私の場合、とにかく陣痛が強くなるまで時間がかかりました。

じんわり陣痛を感じ始めたのがお昼の12時。

それから徐々に陣痛が強くなり(といっても全然我慢できる痛み)分娩室へ入ったのは17時。
またもや分娩室で夜ご飯を頂き、陣痛の間隔が短くなるのを待ちました。
夫も早めに駆けつけてくれました。

ふーこ
ふーこ
2人目って、1人目に比べたら陣痛全然痛くない~!こりゃ余裕かも!

陣痛があまり強くならないので、夫にこんなことを言う余裕ぶり。笑

もちろん?ところが?!
甘くなかった・・・。

本格的に陣痛が始まり、会話ができなくなるほど痛みだしてきた。
弱い陣痛が始まってから8時間後、夜の20時を回った頃でした。

痛みがついてきたところで、助産師さんが子宮口の開きを確認します。

「まだ4㎝だね~」

ふーこ
ふーこ
4cm?うそでしょー(涙)こんなに痛いのに!

かなり痛みが強かったので正直、子宮口は8㎝くらい開いたものだと思ってました。

陣痛の痛みと子宮口の開かなさに絶望を感じつつ、正気を保つのに精いっぱい。
あの余裕ぶりはなんだったんだ! と思うほど状況が一変です。

そしてここからが本当の戦いのはじまり。

立ってても横になっても、なにをしても痛い!
ありとあらゆる体勢をして、痛みをどうにか抑えようと必死になる私。

子宮口は、その後もゆっくり時間をかけて開いていくのでした(涙)

経産婦の出産。想像以上に壮絶でした。

もう時間は、23時。 陣痛を感じ始めてから11時間も経過してます。

いよいよ痛みもピークです。
というか、ピークはもうとっくに越えてピークのピークです。

するとついに、待ち望んでいた言葉が。

「子宮口全開です~!」

そのとたん、破水。(恐らく、子宮口確認するときに先生が破水させました)

さっき痛みのピークのピークを越えたピークがやってきました。もはやピークのレベルが想定不可

でも、ここからが早かったのです。

分娩台が動き、いよいよ出産の体勢に入ります。

私は痛みに我慢できずあっちに動いたり、こっちに動いたり、体が落ち着きません。
もう叫びまくりです。完全に我を忘れています。

なんとか、赤ちゃんをださなくては!

最後の力を振り絞って、先生の合図に合わせて力みます。

力むこと4回。

ついについについに!!
産まれてきてくれましたー(涙)かわいいかわいい赤ちゃんが。

すると助産師さん「すごい!大きい!4450gの赤ちゃんです」

先生も私もみんなが

「え!」

先生が2回聞き直すほど、大きい大きいわが子が産まれてきてくれました。

2人目の出産は楽・・ではなかった。まとめ

2人目の出産

ここまでの話の通り、私の場合は決して楽ではありませんでした。

1人目の出産の時は6時間。

2人目の出産では、計12時間近くかかりました。

とはいえ、陣痛が本格的に痛み出してからと考えると5時間くらいでしょうか。

1人目と同じく2人目も子宮口が開くまで時間がかかったので、そういうタイプなのかもしれません。
赤ちゃんが想定以上に大きかったので、2人目とはいえ出産がよりハードだったということも言えるのかも。

とりあえず、2人目を出産して言えることは
痛みはやっぱりあの痛み ということ。

ただ、どんなに痛く苦しかった出産でも、産まれたての赤ちゃんをこの手に抱いた瞬間、最高に幸せな気持ちで満たされます。
赤ちゃんは産まれた瞬間から、親孝行をしてくれてるんだなぁと思います。

これから2人目の出産を控えている経産婦ママさんは、この体験談をきいてドキドキさせてしまったかもしれません。ゴメンナサイ。

でも、2人目だからと過度に期待しすぎてしまうと、

出産の大変さに対するハードルが低くなってしまいます。

私のように陣痛が長引いたり痛みが強かったりすると、予想以上の大変さに途中心折れそうにもなることも・・・。(まさに私はコレでした)

出産はいつだって命がけ。楽なんてことはない

そう覚悟してどーんと構えておきましょ。

赤ちゃんに出会えた瞬間、痛みなんてふっとびますから。

番外編。最後のやってきた思わぬ出費

赤ちゃんとの入院生活を終えお会計をしたときのこと。

3週間前に、陣痛と勘違いして1泊入院した費用が追加されてました。

その額6万円。

随分と高くないですか??汗

夕方病院に入って、次の日の朝には帰宅したんですけど。分娩台に乗ったりしたからカナ?

あの時、泊まらずに一旦自宅に帰宅すれば良かった・・・。
入院費用について確認すればよかった・・・。

と地味に後悔の嵐。

2人目の出産は、こんな学びも与えてくれる経験となりました。

あわせて読みたい
Baby
産まれた赤ちゃんはビックベビー4キロ越え。大きいと育てやすいは本当?エコー検査で赤ちゃんのサイズが大きすぎる!? 「ん・・?おかしいな、間違ってるかな?」 はかり方が間違ってるんじゃないかと、...

出産に備えて。安産のお守りラズベリーリーフティー




ヨーロッパではラズベリーリーフティーは安産のためのお茶として昔から飲まれており、

実際に妊娠8か月から毎日飲み続けた結果、第二期分娩期(子宮口全開から胎児が膣を通過し外にでるまで)の時間が平均9.6分短くバキューム吸引の割合が低い、という報告がされているとのこと。

私は、にぃに、おとっとの妊娠時に、妊娠後期8か月から安産ハーブティーの「ラズベリーリーフティー」を飲んで出産に臨みました。
ラズベリーリーフティー

これを飲んだから、陣痛がそこまでひどくなかったとか、安産だった、とは正直言えませんが、第二期分娩期(いきんでから)に関してはスムーズだったという実感を持っています。

兄さん・弟くん共に4回ほどいきんで生まれてきてくれたので、勝手にこのラズベリーリーフティーのおかげもあるのかなぁと。

妊娠中は、この紅茶を飲んでいると、気持ちも落ち着くし出産にむけて準備している感もあって、そういう意味でも私にとって欠かせない飲み物でした。

ふーこ
ふーこ
産後も飲むことができ、妊娠前の体に戻ろうとする働きをサポートしてくれます。

お気に入りのハーブティーだったので、義理妹・仲良しの友人の初めての妊娠時にはこのラズベリーリーフティーをプレゼントしました。

妊娠中は、飲めるものも限られるし、こちらのラズベリーリーフティーはオーガニック(JAS認定・英国のオーガニック認定)を証明されている正真正銘の有機ハーブティーなので安心して飲めるのがうれしいです!

ラズベリーリーフティー

経産婦だからこそ、出産の痛みが怖かったり・・という不安もありますよね。

安産のお守り代わりに、こういった紅茶を飲んで出産に備えるのひとつだと思います^^

最後までお読みいただきありがとうございます^^

 

\クリック嬉しいです/
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村1