子ども

ペダルなし自転車は2歳児スタートがオススメ。子供が得る5つのメリットとは?

2~5歳の子どもに人気のペダルなし自転車、公園にいくとよく見かけます。
(バランスバイクやキックバイク、ランニングバイクとも言います。)

我が家も、兄さんが2歳半のときペダルなし自転車を購入しました。

それからというもの公園に行く時は、いつも一緒です。

ペダルなし自転車に乗りながら、電車ごっこをしたり。
のびのびと広い公園で緩やかな斜面を登ったり下りたり。

風をきって自由自在に走れることが、楽しくて気持ちよくて大ハマりです。

もはやこれがないと、公園遊びに物足りなさが出てくるので、
ママにとっても必需品ですw

そんなペダルなし自転車についてぐる~っとまとめてみました。
ペダルなし自転車を検討されている方は、ぜひゆっくり見ていってくださいね。

2歳からペダルなし自転車がオススメ!子どもが育つ5つのメリット


2歳(子どもにもよりますがペダルなし自転車のサドルの高さや操作性を考えると2歳半~が適正だと思います。)のうちからペダルなし自転車を始めることをオススメする理由は大きく5つあります。少し詳しく説明していきますね。

【ペダルなし自転車5つのメリット】

  • バランス感覚が身につく
  • 反射神経が鍛えられる
  • 集中力がつく
  • 軽量なのでハンドル操作しやすい
  • 自信や達成感を感じることができる

①バランス感覚が身につく

遊びながら自然と体重移動やハンドル操作を習得しいき、体のバランスを保つという力が備わります。

このバランス感覚は将来スポーツする上で必要な運動能力の向上にもつながる大切なものです。また、小さな頃からこのバランス感覚を鍛えおくと、補助なし自転車の移行もスムーズになると言われています。

②反射神経が鍛えられる

慣れてくると、自分で地面を蹴ることでスピードを出したり落としたりと、コントロールできるようになります。

そのため、子どもは自分で乗りながら周りの状況(障害物など)を確認し、転んだりぶつかったりしないよう、反射的によける力も備わってきます。

この反射神経も、子どもがスポーツや遊びでケガを防ぐために必要な能力です。小さなうちからペダルなし自転車をする中で反射神経を鍛える訓練になります。

③集中力がつく

キックバイクに乗ると、子どもは心も体も自然と集中モードになります

他の遊びでも集中力を身につけることは可能ですが、ペダルなし自転車のいいところは、心と体の両面から集中力を高められるという点です。

安全を確認しながら、体のバランスも崩さないように運転する。これは、子どものとってすごく集中力のいる動きなのです。

④軽量なので扱いやすい

ペダルなし自転車は、ペダルつきの子ども用自転車(約11kg~13kg)と比べて格段に軽いです。

その重さは約3~4㎏前後。2歳の子どもにとって重すぎず、操作がしやすいのが特徴です。

また、転んでしまったときも重さがない分安心ですし、自力で倒れたペダルなし自転車を起こすこともできます。ペダルなし自転車は2歳の子どもの相棒になるにはジャストサイズなのです。

⑤自信や達成感を感じることができる

はじめはペダルなし自転車にまたがってハンドルを持ち、ヨタヨタ歩くことが精いっぱいだったものが、自分で地面を蹴りビュンビュンと風をきって走れるようになっていきます。

「できなかったことができるようになる」この過程を小さな子ども自身が体感できるですね。
子どもは乗れるようになると「見て見て~!!」と自慢げです。

ひとつの過程を通して自信をつけ達成感まで味わえるペダルなし自転車は、心の成長の面でもオススメです。

番外編~ママにとってもいいんだよ!~

ついでにママのメリットもお伝えしておきます。

  1. 特に教えることはないw
  2. 軽量なので、持ち運びラクチン
  3. 遊具がない広場でも十分楽しんでくれる
  4. 遊んだ日はぐっすり寝てくれる
  5. 補助なし自転車の移行がスムーズで助かるw

遊び方をマスターすれば子どもはひとりで走り回ってくれるので、時にはベンチに座って見守ったり。

時には追いかけてママも疲れたり。w

行動範囲が広がると、ベビーカーをひきながら汗だくで追いかけまわしていたこともあります。

 

ペダルなし自転車で遊んだ日はぐっすり快眠!これもママにとってはありがたいことです。

補助なし自転車の移行については最後に触れています。

ママが知っておくべき予想外のデメリット

ズバリ靴のつまさきがすぐやぶれる!! ということ。

結構盲点でしたが、ペダルなし自転車はブレーキがついているものもありますが、2~3歳は指の力が弱いためブレーキ操作をなかなか使いこなせません。

そのため、ブレーキは足をズズズズーツと引きずる形になります。

ペダルなし自転車用の靴は、履き古したボロ靴、おさがり、もしくは安いスニーカーを用意することを強くオススメします。

決しておニューの靴を履かせたらダメですよ。あっという間にボロボロになりますので。

1万円以下で選ぶ!オススメのペダルなし自転車5選

ペダルなし自転車人気NO1と言ったら「ストライダー」です。

値段よりも見た目重視なら、これが一押し。

モッタイナイおばさんの私は、これではなく、値段重視で7000円ほどのペダルなし自転車を購入しました。

毎日乗りまくっていたけど、乗り心地もいいし、壊れることもなくコスパ◎

ということで、ここからは1万円以下のペダルなし自転車のオススメをご紹介します。

選ぶ基準としては、この3つの項目を満たしてるかどうかが最低ライン。(タイヤに関しては好みは分かれますが)

□タイヤがEVA素材:空気入れ不要のノーパンクタイヤです。タイヤのすり減りやすさがデメリットですが、我が家はこのタイプで1年半乗り回しても問題なし。軽くて扱いやすいのでオススメ。

□ハンドルグリップにクッション付き:ハンドルを握る部分がゴム製のクッションになっているためケガ予防になります。ほとんどのペダルなしペダルなし自転車はこれを採用していると思いますが念のため。

□ハンドルの高さを変えられる:ハンドルの高さが変えられないペダルなし自転もあります。子どもの体はどんどん成長するので、その都度体に合う高さに調整できた方が安全して使えます。

今回紹介しているペダルなし自転はこの3項目をすべて満たしているものです。

ペダルなし自転の性能は正直それほど大差がないので、あとは色やデザイン重視で選びましょう!紹介しているものは、私好みのデザインなので参考程度にw

ネットでいろいろみてお好みのバイクを見つけてくださいね!

➀バランスバイク

全7色から選べるので、これなら好きな色のバイクが見つかりそうですね!

  • サドルの高さ:33cm~40cm

②GRAPHIS GR-BABY

なんと20色から選べる!タイヤの回転率にこだわった作りが特徴で、走りやすさも重視したい方に。ひそかに弟くん用に狙ってますw

  • サドルの高さ:33㎝~40㎝

③CHIBICLE12

  • サドルの高さ:31~43㎝

④DATSUNファーストバイク

地面から足を離したときにおくステップもついていて安定して乗れます。デザインもお洒落!

  • サドルの高さ:34~40㎝

安全に乗るために!守るべき4つのコト

ペダルなし自転は、遊び方を間違えるとケガをする恐れもあります。
ママやパパが使い方・安全面で配慮すべき点をよく理解し、子どもにも教えてあげましょう。

①ヘルメットを装着する
これは絶対に!!慣れてくると、スピードがついてきます。

その分転倒時の衝撃も強くなり、打ちどころによっては取り返しのつかないことになる場合も考えられます。衝撃から頭部を守るために、必ずつけることを癖付けましょう。

②足が地面にピッタリと着く高さにサドルを調節する。
足が地面にギリギリつく状態でキックバイクに乗って遊ばせるのは、転倒やすぐに止まれないなど事故にもつながるため大変危険です。

まだ身長が小さくて地面に足が届かない場合は、身長が伸びるまで待ちましょう。

ネットでペダルなし自転を購入する場合は、適正身長が記されていると思うので参考にしてみてください。自転車屋さんで実際試してみるのもいいですね。

③大人の目に届く場所で遊ばせる
目を離したすきに公園の外にでてしまったり、誰かと接触事故を起こしてしまって大変です。

必ず目を離さず見守るようにしましょう。また子どもにも、絶対に道路にでてはいけないこと1人で遠くに行ってはいけないことを予めしっかり約束させることも大切です。

④公道で乗るのことは絶対禁止
自転車は道路交通法によって公道での走行が認められていますが、ペダルなし自転は玩具であり、公道の走行は禁止されています。

車と接触して大事故につながりかねないので、必ず守りましょう。

補助なし自転車への移行はホントにスムーズだった!兄さんの体験談

結論からいうと、補助輪なしの自転車への移行はほんとにスムーズでした!!
これは確実にペダルなし自転効果だと思っています。

兄さんの補助なし自転車デビューは3歳10か月のとき。

補助輪は、ペダルなし自転で鍛えたバランス感覚を思い出しながら練習してほしいと思ったので1日で外しちゃいました

ただ、ペダルをこぐという動作がペダルなし自転にはなかったので、補助輪を外す前にペダルのこぎ方を練習しました。

ペダルを外してからは、ハンドル部分や後ろに手を添えて支えてあげながら、練習開始。

ペダルなし自転のおかげでスピードに慣れていたので、恐怖感もそれほどなく感覚をつかんでいるようでした。
そして

ママ&パパ「ちゃんと後ろもってるから前見てペダルこいで~

と言葉で安心させつつ、こっそり手を放すパターンで無事補助なしを乗れるようになりました。

がっつりというよりは毎日15~30分ほど軽く練習して、ちゃんと乗れるようになるまで1週間。

みっちり特訓した訳でもなく、あれ!?乗れてるじゃない~!!という感覚で、いつの間にか乗れるようになったのは、ペダルなし自転のおかげだと思います。

お誕生日にキッズバイクデビューさせちゃおう!

ペダルなし自転は、自分でやってみたい!という興味関心がどんどん増えてくる2歳児さんからがピッタリです。

2歳になりたてのときは、まだ体も小さく、またぐので精一杯かもしれませんが、最初は室内においておけば、子どもは興味津々でタイヤを触ってみたり動かしてみたり^^。

そこから、徐々に乗って遊ぶことを学んでいくと思います。←我が家の兄さんは完全にこのパターンでした。

特に男の子はタイヤのついてる乗り物が大好き。お誕生日やイベントの時にプレゼントすればきっとすごく喜んでくれると思います。^^

運動機能の向上を図りつつ、自信や達成感を味わうことのできるペダルなし自転をぜひ毎日の遊びに取り入れてみてくださいね。

我が家は、今年2歳の弟くんがペダルなし自転をデビューします!