あれこれ

サムソノフくんの年齢や身長、経歴は?宇野昌磨とはどんな関係?

サムソノフくん フィギュア

フィギュア界の新たな新星『サムソノフくん

現在競技中(2019)のフィギュアジュニアグランプリポーランド大会で男子ショートで1位を獲得しました!

圧倒的な演技力とスキルを見せつけ、ジュニアGP歴代最高得点ではないか?

と話題のロシア出身サムソノフくん。

 

そのサムソノフくんの演技はこちらから観れます。

日本の鍵山選手はサムソノフくんに次ぐ2位でしたね!

そんな鍵山選手を抜いて1位を獲得したサムソノフくんの技術力と演技力がすごすぎる・・!!とネットで話題になっています。

一体サムソノフくんは何者なのか?めちゃくちゃ気になるフィギュア界の新星です。

  • サムソノフくんのプロフィール・年齢・身長や家族構成
  • サムソノフくんのスケート経歴(大会の受賞歴)
  • サムソノフくんの最新演技動画(ジュニアGPポーランド大会)
  • サムソノフくんに対するみんなの反応

これらをまとめました!

サンムノフくんは何歳?身長や体重、プロフィールまとめ


サムソノフくんとは一体何者?
小柄に見えるけど何歳なのか?身長も気になりますね。

そんなサムソノフくんのプロフィールをまとめました。

名前 ダニイル・アレクサンドロヴィッチ・サムソノフ
ニックネーム ダーニャ
出身 ロシア
生年月日 2005年7月13日(2019年で14歳)
身長 140m(2019年8月時点)
体重 不明
趣味 読書(ハリーポッターを全制覇)
所属 サンボ70クリスタル
コーチ エテリ・トゥトベリーゼ/セルゲイ・ドゥダコフ
振付 ダニイル・グレイヘンガウス

サムソノフくん、

14歳にして身長は140mなのでだいぶ小柄な印象です。体重が現時点ではわからず不明としています(わかり次第追記予定です)。

身長は低いですが、その小さな体を逆に武器にしたジャンプ力や圧倒的に見せつける

しなやかでレベルの高い技術に世界中の人たちが注目、期待しているフィギュア選手です。

家族構成は父、母、姉、弟の5人家族。

父は元サッカー選手でスポーツ万能、姉は4歳上で現在大学生、弟は3歳年下です。弟はフィギュアではなくテコンドーをされているそうです。

母は常に精神面でサムソノフくんを全力でサポートし、お姉さんはサムソノフくんを練習に連れて行くことも度々あります。

父は仕事でも必ず大会はすべて見てくれるなど、サムソノフくんを支えるチームのような家族です。

サムソノフくんの母は

『家族の中にアスリートがいることは、私たちの生活の不可分の一部で私たちはひとつのチーム』

と言っています。

とても頼もしい家族で素晴らしいですね。

また、ポメラニアンの犬(名前:ステファン)も飼っており、サムソノフくんもとても大切にしています^^

そういえばロシアのアリーナ・ザギトワ選手も犬好きで秋田犬のマサルが贈られましたね。(余談)

ちなみに標準語はロシア語で英語は少し苦手のようです。

サンソムフくんの経歴は?何歳からスケートを始めたの?

サムソノフくんは3歳半というとても幼いころにスケートを開始しています。

宇野昌磨選手は5歳から、羽生結弦選手は4歳から、浅田真央選手は5歳からスケートを始めているので、サムソノフくんの3歳半というスケート開始時期はとても早い時期だったようですね。

スケートを始めたきっかけは『母に連れてこられた』こと。

すぐに好きになりスケートにのめり込んでいきました。『滑っていると全てが綺麗』とインタビューで答えています。

スケート人生初のコーチはワレリー・メシコフです。彼との練習では、リンクに並べられた積み木を、リンクを往復して積み木を拾いフェンスの外に投げるというものでした。

そうして基本となるスケーティングを2年ほど学びます。ワレリー・メシコフコーチは、まずは何よりも滑りを徹底的に身に着けそのあとにジャンプがついてくる、という基礎をとにかく大切にする方でした。

やがて基礎が身についたサムソノフくんは6歳でジャンプの練習を始めます。オリンピック準備第4学校のオリガ・セルゲエヴナ・レヴィナ・コーチに移ってからのことです。

ワルツジャンプからマスターしていきサルコウやループといった技を着々と身に着けていくのでした。

小さなころからスケートの滑りに責任をもち真面目に真剣に取り組んできたというサムソノフくん。

2019年のインタビューで『スケートでの成功の秘密はどこにあると思う?あなたの強みは?』との質問に対して

秘密なんてなく、ただ練習して向上していけばすべてがついてくると思っています。またそれは人生でも同じだろ思います

『精神力が強みです。鉄の精神力があります。』

そう答えています。14歳にしてとてもしっかりしていますよね!

大きな大会でもノーミスで練習の成果を余すことなく発揮できているサムソノフくんが言う『鉄の精神力』も納得です。

また、発言からも相当な努力家で真面目な性格が浮かんできます。天才!生まれつきの才能だ!と言われることもありますが

それ以上に幼少期からサムソノフくん自身が絶えずスケートに情熱を燃やし、ひたむきに練習をし続けてきた結果が今なのでしょう。

 

2018年の秋に4回転ジャンプの練習を始めました。

スケートではトリプルアクセル(3A)や4回転ジャンプ(4Lz)、3回転ジャンプにトリプルループ(3Lz+3Lo)を跳ぶことができます。(今季ジュニアGP初出場ながら凄いスキルの持ち主)

サムソノフくんのスケート人生。受賞歴

  • 2016年3月:全ロシアノービス選手権 2位(ノービスB)
  • 2017年3月:全ロシアノービス選手権 3位(ノービスA)
  • 2018年3月:全ロシアノービス選手権 優勝
  • 2018年4月:ロシア年長選手権 優勝
  • 2019年1月:モスクワ市杯(ジュニア) 優勝
  • 2019年2月:ロシアジュニア選手権 優勝

2018年からは出る大会を総なめしています(す・・すごい!!)

ノービス選手(一定のランクに達していない初心者に分類される)のうちから4回転ジャンプやトリプルアクセルをこなすずば抜けたスキルをもつサムソノフくん。

これから世界を舞台にでどんな滑り私たちにみせてくれるのか、楽しみですね。

サムソノフくんと宇野昌磨は友達で仲良し?その関係は

 

この投稿をInstagramで見る

 

Даниил Самсоновさん(@daniksamson)がシェアした投稿


↑サムソノフくんのインスタに宇野昌磨登場!サムソノフくんのいいお兄さんのように見えますね^^

サムソノフくんは、2019年のロシア合宿で宇野昌磨くんと同じグループで練習していた仲です。

サムソノフくんは宇野昌磨くんについてこのようにインタビューで答えています。

チームの男子は彼(宇野昌磨)と同じところにいて遅れをとらないよう頑張っていました。昌磨のスケートで特に好きなのは、休憩なしで練習してリンクの端から端まで飛んでいくことです。彼のフリップは特殊な技術でスリーターンなしで前向滑走からすぐ飛びます。彼の資質をすべてまねしようと頑張りました。できていたら良いなと思います。

宇野昌磨選手はサムソノフくんにとって、スケートのスキルを真似たい相手であり日本の神といえる憧れの存在とのこと。

宇野昌磨選手とツーショットを撮れてさぞうれしかったのではないでしょうか。

また、誰と戦いたいかについては

シニアスケーター全員、特に羽生結弦と戦いたいと言っています。

サムソノフくん2019ジュニアGPポーランド大会演技動画


ショートプログラムで得点87.33を獲得し、初のジュニアGPでトップになりました。

サムソノフくんに魅了される人続出!みんなの反応

サムソノフくんプロフィール・経歴まとめ。インスタもやってるよ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Даниил Самсоновさん(@daniksamson)がシェアした投稿


↑サムソノフくんのインスタ

日本ではポーランドのジュニアGP大会の放送が夜中でしたが、それでもサムソノフくんの圧倒的な滑りをみて目が冴えた人も多いのではないでしょうか。

今後ますます注目される選手であり、日本のスケート界の選手にとっても手強い強力なライバルになることでしょう。

サムソノフくんがこれからさらに技術を磨きどんな選手へと成長するのか

羽生くんとの対決もみられるのか?(サムソノフくんも望んでいますね^^

サムソノフくんの活躍に目が離せなくなりそうです!

フィギュアをみる楽しみが増えました^^

最後までお読みいただきありがとうございました。