子ども

子供のスイミングスクール選びに奔走!選び方のポイントは?5ヵ所体験での気づき

子供のスイミングスクール 【選び方のポイント】 5ヵ所体験して分かったこと (1)

我が家の兄さん(6歳)はスイミング教室に通っています。

スイミング教室に通うにあたって、兄さんにピッタリのスイミング教室はどこだろう?

とまずは教室選びからスタート。

一番近いスイミングに通えばそりゃ送迎はラクチンだけども。

それ以上に子供に楽しくかつしっかり泳ぎをマスターしてほしい!!と思ったので

通える範囲にあるスイミング教室5件すべてに体験を申し込んで

全てお試ししてから、スイミング教室を1つ決めました。

5件のスイミング教室をお試しして思ったこと。

\同じようで全然ちがう!/

兄さん自身もそれをめちゃくちゃ感じていて。

最終的に、兄さんが一番『楽しかった!習いたい!』と言い切ったスイミング教室を選びました。

習うのは親ではなく子供。

できるだけ兄さんと相性が合うスイミング教室を選びたかったので

手間ではあったけど5件のお試し体験をしてよかった~~と心から思います。

あれこれスイミング教室を見極めてわかった

『子供のスイミング教室選びのポイント』

についてまとめていきますね^^

スイミングを習おうと決めたきっかけ

6歳 スイミング教室 習い始めたよ ブログ

なぜ小学1年生の兄さんにスイミングを習わせることになったかというと

もちろん子供が『やりたい』と言ったから!!

 

では…ありません。

どちらかというと親の意向が大きいです。(決して無理やり…というわけではないのだけど)

私や夫はスイミング教室を通して

泳げる人になってほしい

と考えていました。

水泳選手になってほしいとか

体力つけてほしいという訳ではなくて…

いざという時に自分の命を自分で守るために『泳ぐ術』を持ってほしかったんです。

  • 水中でどう呼吸すべきか?
  • 水中で体を浮かせるには?
  • どうすれば泳げるのか?

これは生きていく上で損はない。むしろめっちゃくちゃ大切!!

だって、万が一、海で遊んでいて突然深みにはまったら?

誤って湖や川、深めのプールに落ちてしまったら?

洪水などの災害で水にのまれたら?

不測の事態でも泳げることでリスク回避できる=命が助かる確率が上がる。

もちろん泳げても助からない場合もあるけれど…

それでも泳げることで万が一の時に助かる確率が上がるなら泳げるスキルはちゃんと持っていた方がいい

そう思っていたので

もともと

子供にスイミングは習わせようと決めていたんです。

特に今年はコロナの影響でプールの授業がすべてなくなったというのも

スイミングを始める大きなきっかけになりました。

ということでスイミング教室選びの旅がスタートしました。

子供のスイミングで一番優先したいこと

子供 スイミング 選ぶポイント

子供のスイミング教室を選ぶにあたり

  • 料金
  • 場所(通いやすさ)
  • レッスン内容
  • 施設の設備

などなど色々とチェックポイントがあります。

どれも最高~‼となればいいけどそれは難しいので

あらかじめ選ぶ時に優先したいことを決めておくと選びやすいです。

私はなによりも子供が楽しいかを一番優先しようと決めていました。

料金は結構どこもそれほど大差はないです。

むしろ各教室ごとの料金よりも週に1回(約7000円)or2回(約10000円)では2回のほうが断然お得だし

上達も早いと聞いてたので週2回習うことにしました。

場所はやっぱり近いほうが助かるけども

まぁそこは妥協できるポイントとして考えていました。

子供のスイミング選び。見極めポイントはここだ!

5件もそれぞれのスイミング教室を体験すると、いろいろと違いを発見します。

子供のスイミング教室ってどれもだいたい一緒でしょー!

と思うかもしれませんが

ふーこ
ふーこ
いやいや…全然違うーー!!

と言いたい。

料金はだいたい似たり寄ったり。

それ以外の面で違いは大きかったです。

違い①清潔さ

そりゃ古い新しいはあるけれど、古くても清潔感のあるところ、なんか汚いところ…スクールによって差を感じました。

トイレや更衣室に入ってみると清潔にしているかどうかわかります。

清潔さは衛生面にも影響を及ぼすし

プールはたくさんの人と共有する場なので

衛生管理がしっかりしているスイミング教室のほうがやはり信頼感がありますよね!

違い②指導内容

私はスイミングの指導者ではないけれど

スイミングのレッスンを見ていると、

単調でちょっと退屈そう

とか

もうちょっとチャレンジするがあったらいいな~

と、いったことが見えてきます。

また、

初級のクラスでは水中メガネの着用をせずにレッスンを進めるスクールもありました。

が!

子供にとっては、まだ泳げなくてもゴーグルで水中の世界をのぞくことが楽しいみたいで(顔を水につけられないという子もゴーグル効果で早くに水慣れするきかっけにもなるという話も)

兄さんも、ゴーグルをつけた方が楽しい!と言っていました。

また、自分のレベルよりも少しだけ背伸びしたレッスンもやりがいがある様子

せっかくスイミングを習うなら『楽しい』とか『チャレンジしてる!』という実感がしっかり持てるレッスンのほうがやりがいがあると思ったので

レッスン内容は結構重視して子供の感想もよく聞きました。

違い③受付の対応

これはスイミングスクールというよりは人柄によるのかもだけど

初めて体験に来た時に、子供の目をみて説明して更衣室まで連れて行って丁寧に対応してくれる教室と

さらっと親に説明してあとは行ってらっしゃい~的な対応と

分かれました。

どちらでもいいっちゃいいのだけど、

もしいずれ子供が1人でスイミングバスに乗って通うようになった時を考えたとき

丁寧に子供に目配りしてくれる受付のスタッフさんがいてくれた方がが安心感はあるなぁと思いました。

スイミング教室の違い④進級スピード

ここもちゃんとチェックしておきたいポイント

友人の通っていたスイミングでは、3年間たってようやくヘルパーとれたよ~(現在1年生)という話を聞いたし

体験したスクールによって『あなたのレベルはここの級ですよ~』という級に差がありました。

『これはもう出来てるんだけどなぁ』と実際思うところもあり。

どちらかというと前のめりなレベル判定のほうが

子供もチャレンジしている感があって張り合いになるだろうし

『ゆっくりゆっくり進みましょう~』というよりも

兄さんには合っていると感じたので

どんどん新たな級でチャレンジしていけるスクールに魅力を感じました。

時に子供は『これが難しくてやだ~』と言って行きたくないアピールすることもあります。

でも実際に行くと『できたー!!!!』と喜んで帰ってくる^^

その『できたー!』をたくさん感じて自信となってほしいなぁと母的には思う…!

スイミングスクール。あれこれ体験して決めよう!

6歳 スイミング 選び方

せっかくスイミングに通うなら、後悔しないためにも『体験レッスン』は欠かせません。

それも1つだけでなく候補のスクールすべて

ふーこ
ふーこ
スクールそれぞれで子供の反応が全く違うのでおもしろいほどw

大切なお金を払って通うわけなので、いいお金の使い方してる!と心から思えるスクールを選びたいものです。

  • 子供が楽しい!という気持ちと
  • チャレンジする精神
  • できたー!という喜びと自信

をスイミングでたくさん感じてもらえるスイミングと出会えて今では楽しく通っています♪

ふーこ
ふーこ
ついでに…週2回のレッスンもお得で上達も早くておすすめ~!

スイミングスクールを習うぞ!というときにどのスクールにするか迷った時の参考にして頂けると嬉しいです^^