暮らし

蜜蝋ラップはサランラップ代わりになる!そのメリットと使い方は?

ミツロウラップ

蜜蝋ラップは、エコラップともいわれ、

蜜蝋(ミツロウ)と布で作られています。

サランラップ感覚で使いますが、ミツロウラップは繰り返し使えるのがポイント。

以前オーガニックマルシェで出会ったときに、ミツロウラップののかわいいデザインと地球に優しすぎるエコな仕様に一目ぼれして購入。

それ以来愛用しています!

環境にも健康にも優しく安全な蜜蝋ラップ

布のデザインもかわいいから、台所に吊るしてかけても違和感なし。むしろかわいい。

毎日たつ台所に、お気に入りのグッズが増えるとなんだか家事もお弁当つくるのも新鮮に、楽しくなってくる不思議。

今回はミツロウラップについてとことん語ろうと思います。

 

ミツロウラップは天然素材のサランラップ!

ミツロウラップ
ミツロウラップは、

  • コットン生地
  • ミツロウ
  • ホホバオイルやココナッツオイル
  • 木の樹脂

で作られた100パーセント天然素材のラップ
市販の多くは材料すべてにおいてオーガニックにこだわって作られているものがほとんどです。

市販のサランラップのように

  • 化学物質は含まれず
  • 家庭ゴミとして廃棄されることもなく
  • 撥水性があり水洗いすれば何度も繰り返し使うことができる!

(販売してくれたおじさま曰く、正しく扱っていれば1~2年近くは持つそうです)

すべてオーガニックな素材で口についても安心だから、子どもにも安心。食品に気兼ねなく使うことができます。

また、ミツロウとホホバオイルには抗菌性・保湿性があり、べ物を乾燥から守ってくれて鮮度を保ったまま美味しく保存することができるという。

なんとも素晴らしいエコラップ。

実際にミツロウラップに触れると、パリッとした固さがあり、ヘナヘナと形が崩れません。

オイル感のある濃厚?な触り心地です。(サラッというよりベタっとした感じです)

そもそも「ミツロウ」ってなに?
ミツロウ(蜜蝋)とは、ミツバチから分泌される液のことを言い、この液を使ってハチの巣が作られます。
ミツロウは肌の保湿効果もあるため化粧品に使われたり、また花粉からのビタミンやミネラル等の栄養も含んでいるため食用として用いられることもあるそうで、バターが復旧する前の欧州では調理用油脂として使われてきたとか(wikipedia参考)。

その他ろうそくの原料、ミツロウワックスとして家具のメンテナンスに使われたり、ミツロウクレヨンなんていう口に入れても安全な子ども向けクレヨンとして売られてるものを見かけたことがあります。

蜜蝋ラップはどこで買えるの??

市販のミツロウラップは、まだまだ限られている印象。

探さないと、店舗で売られている商品を探すのはまだ難しそうな気がします。

そしてやや高めの値段設定も気になりますが^^;

主にネットで通販できるのはこれらの商品になります。

また、ネット以外にも私のようにオーガニックマルシェなどに足を運べば出会える率は高いかも!?しれません♪

 

■蜜蝋ラップは小さめから大きめまで様々なサイズが揃っていますが、初めての購入なら、Mサイズ(27cm×27cm)が何かと幅広く使えて便利です。

とりあえず1枚購入して、使い心地を試してるのもいいでしょう。

 

■SMLサイズを一通りそろえるならこちらがおすすめ。

■こちらはSサイズ(18㎝×18㎝)が6枚入り!Sサイズは、おにぎり1個包むのにちょうどよいサイズです。子どものおにぎり用に重宝しますよ♪

 

ミツロウラップの使い方。日常生活に取り入れよう

あまり難しく考えず、基本的にはサランラップの用途と同じように使えばOK!

主な使い道
  • 食材を包んで保存
  • 残り物のお皿にラップ
  • おにぎりや果物を包む
  • パンやチーズの保存

手でミツロウラップを扱うと、手の温かさでミツロウが柔らかくなり、形を自在に整えることができます。
ミツロウラップ
冷蔵庫に入れると冷たい温度がミツロウを固めてくれれるので、しっかり形状記憶され、パラリと外れたりする心配もなし。

使い心地でのストレスは一切なく、市販のラップと同じような役割をしっかり果たしてくれる天然ラップ、すばらしい~!!

と、実際に使ってみてひとり台所で大絶賛していましたw

ミツロウラップがあると、あれほど毎日のようにバシバシ使っては捨てていたサランラップの存在感もすっかり薄くなりまして、

そんな生活スタイルに慣れると、もうできるだけサランラップは使わないぞ!という意地?まででてきてしまいました。

どうしても必要な時は使いますが、極力市販のサランラップは使わないようにして暮らしています。

具体的な使い方は・・・

ミツロウラップで包むおにぎり

ミツロウラップ ミツロウラップ

我が家のお兄まるは、週に1回おにぎりの日があります。そのときにミツロウラップ大活躍~!

おにぎりを包んで持たせています。帰りは、もちろん畳まれていることはなく、ぐしゃっとしたまま持参してきますがw
特に問題なく使えています。

プチトマトの保存容器として

ミツロウラップ

毎日の旦那弁当に欠かせない彩りプチトマト。必ず冷蔵庫に常備してありますが、使うたびに洗うのは面倒で(^^;)
買ってきたら、まとめて水洗いをしてしまって水気をとり、このミツロウラップに入れておいています。

折り紙を折るようにケースを作れば、ちゃんとフタもできてまとめて保存できます。

小腹が空いた時に、ここからつまむこともしばしば。

中途半端に残った野菜の切り口保護に

ミツロウラップ

野菜の切り口をミツロウラップで保護して保管するのに大活躍!

切り口にピタッとつければ、しっかりロウが固まってくれるので外れることなく食材を乾燥から守ってくれています。

ミツロウラップの注意点。熱には注意~!

スーパーパーフェクトな使い勝手のミツロウラップ!

と言いたいところですが、天然素材がゆえ欠点もいくつかあります。

ミツロウは、融点が62度~65度であるため熱に弱い性質があります。

電子レンジを使用したり熱い食べ物を包むと、熱がミツロウを溶かしてしまうので使用はできません。

また酸性にも弱く、熱と同じで酸性がロウを溶かしてしまうので、柑橘系の果物やパイナップル、レモンなどへの使用もNG

衛生面から考えて菌がつきやすい生肉・生魚を扱うのも向いていません

と・・制限が少々ありますので、使用する際はお忘れなく☆

ミツロウラップのココに注意!
  • 熱湯消毒不可のため生肉、生魚の保存は✖
  • 電子レンジの使用✖
  • 熱いものは包まない
  • 洗浄力の強い洗剤の使用✖
  • 酸性の強い果物の使用は✖

これさえ守って、使用後の水洗い→自然乾燥 というお手入れ方法を行えば、1年~2年は使えます。
簡単にポイポイ捨てれるサランラップって、便利だなぁ~と昔は思っていたけれど、今はミツロウラップのほうがずっと素敵!と思える^家族ができて、子どもを生んで、考え方がぐるっと変わったように思います。しています

おしゃれにエコして、環境を守る。主婦を楽しむ。

ミツロウラップ
これぞ私の理想。

環境も守りたいし、主婦なりに暮らしも楽しみたい!

そんなときに、ピッタリ、ドストライク過ぎたのがこのミツロウラップ。

おしゃれな布地で作られた天然ラップは、見た目がかわいいからじゃんじゃん使いたくなる。

使い終わったら台所に吊るしてインテリアにもなるから、そのへんにポイしたままにせずにちゃんとお手入れもするよ。(といっても水洗いオンリー)

そうやって、自分のテンションの上がるグッズを揃えることで、暮らしを楽しく、環境も豊かになるお手伝いができたら最高だな~って思います!

初期投資は、市販のサランラップよりもずっと高いけど、環境汚染や体への安全性、繰り返し使用できるということを踏まえると、コスパ最高!です。

安いという目先のことよりも、長期的な視点でいいものを。

こういう視点でもの選びをすると、暮らしの充実度もぐぐぐっと上がります。

ミツロウラップを台所アイテムに取り入れて、楽しみをひとつ増やしてみてはどうでしょう^^

私は、すっごく気に入ってしまったので、手作りのミツロウラップにも近々チャレンジしてみます☆

エコな友人の結婚祝いにもいいかも。

エコだったり自然な志向のお友達ならば、このミツロウラップの贈り物はとっても喜んでくれるんじゃないかな?

実際私も、結婚祝いに贈ろうかな~と考え中。

ミツロウラップは決して安いものではないし、買うまで悩んでしまいがち。

だけど、台所に数枚あればその活用の幅は広くて毎日でも使ってしまうほどのヘビロテアイテムになる。

毎日実用的に使える贈り物って、うれしいですよね!

サランラップ代わりにミツロウラップを使うという選択

ミツロウラップ

主婦だからこそできるエコであり、
力まずに気軽にできるエコでもある

サランラップの代わりにミツロウラップを使う

という選択。

実際に取り入れてみるととってもとっても心地よいものでした。

少しでも暮らしを豊かにする参考になればうれしいです^^

■色々なエコのかたちをこちらでも書いてます!

あわせて読みたい
おひつ ご飯 保存
おひつが台所の必需品アイテム。その魅力にせまる…!!我が家は、おひつでご飯を保存しています。 「おひつ」って、どこか旅館に泊まった時に登場するくらいで、普段の生活で使うことはないと思...
あわせて読みたい
マイストロー
マイストローのおすすめを紹介!今すぐ始められる新しいエコ習慣マイストローがマイバックに次ぐエコとして注目を浴び始めています。 マイストローは、私たちのよく使っているプラスティック製のストロー...
あわせて読みたい
リデュースゴー 加盟店
リデュースゴーの加盟店一覧(2019.7月最新)とその仕組み、口コミリデュースゴー(ReduceGo)というアプリを知っていますか? フードロス(食品の廃棄)の打開策として作られたフードシェアリング...

 

\応援して頂けたら嬉しいです/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村